鉄道コラム

JR九州アプリの【どれどれ】はどこトレを超えた!?~使い方解説~

列車位置リアルタイム情報の「どこトレ」と「どれどれ」

乗り鉄さんにも撮り鉄さんにも大人気の、列車位置情報システム。「特急○○はあとどれくらいでここに来るかなぁ」なんて疑問にもしっかり参考情報を届けてくれる、ありがた~いツールなのです。  ※トップ画像はJR九州HPより

どこトレの使い方記事はこちら

「どこトレ」の利点と「どれどれ」の注目点!

そもそも、「どこトレ」はJR東日本のサービス、「どれどれ」はJR九州のサービスということで比較したところであまり意味はないのですが、「どこトレ」WEB上のサービスなのでパソコン環境でも使えるというのが一番うれしい点ですね。「どれどれ」アプリなのでAndroidまたはiphoneなど、スマホやタブレットを活用することで利用できます。いくらかユーザーが絞られるかもしれません。

しかし、この「どれどれ」は「どこトレ」よりすごい、ある機能を持っています。それは旅客営業列車以外の位置情報も提供する点です。特に撮り鉄さんたちは「貨物ちゃんねる」などで機関車の運用情報を参考にしつつ、位置も「どれどれ」で予想を付けることで計画を立てやすくなりますね。 では使い方をご紹介していきましょう。(登録方法などは省略します。)

まずはJR九州アプリを開く!

ホーム

JR九州アプリ・ホーム画面

お間違えの無いように強調しておきたい点ですが、これは「どれどれ」というアプリではなく、JR九州アプリの「どれどれ」という機能です。

それで、まずはJR九州アプリをダウンロードし、開きましょう。

画像(「或る列車」背景の画像)がJR九州アプリのホーム画面です。ちなみに、背景画像は開くたびに違っているようですのでそれも楽しみの一つです。

大きな「トリップメーター」の下に4つのメニューボタンがあり、その左端「運行情報」が「どれどれ」につながるボタンです。

さっそくタップしてみましょう。

選択メニューの2段目「どれどれ」

2段目をタップ!

メニュー選択画面が現れます。当初は画像のように2段だけですが、「どれどれ」を利用して「お気に入り登録」をするとメニューは3段になります。

いずれにしても、2段目にある、列車位置を調べる「どれどれ」>の部分をタップします。

すると、初回は解説ウィンドー「ご利用上の注意事項」が現れるので、スクロールした一番下にある「確認しました」をタップし、いよいよ「どれどれ」の活用です。

(再度確認したい場合は右上の(?)マークをタップすると現れます)

列車アイコン

 

簡単に述べますと、列車そのものの表示アイコンは4種類あり、赤枠の「特急」、青枠の「快速など」、ベージュ枠の「普通」、そしてグレー枠の「貨物列車・回送など」があります。

このグレー枠の「貨物列車・回送など」こそ、JR東日本の「どこトレ」にはないスペシャルな情報なのです。 では先に進みましょう。

路線と駅の選択画面

プルダウン方式のみ

この画面が現れるので、「路線」と「駅」それぞれのプルダウンメニューから情報を得たい駅を指定し、その付近の情報を得ることができます。

この点で、JR東日本の「どこトレ」と違って「地図から選ぶ」や「最寄駅を検索」する機能がないのは今後のバージョンアップに期待したいところです。

iphone版・選択項目

選択項目の体裁はiphoneとAndroid で少々異なりますが、要は「路線と駅を選びさえすれば良い!」ということですね。

そして、「表示」をタップします。

5~6駅ぶんほどの情報が表示された!

遅延情報もバッチリ!

スマートホンで見たところ、およそ5~6駅間ぶんの情報が表示可能なようです。そしてもちろん、上下にスクロールしますので、もっと先の駅付近の情報まで簡単に確認することができるのです。

 

拡大操作ももちろんOK

さて、「位置」に加えてどんな情報が表示されているかといいますと、特急なら列車名、行き先、そして定刻または遅延の情報です。
この部分、どこトレより優れているのは表示中の全列車の状況がタップなしでわかることです。どこトレの場合は小さなアイコンをタップした場合にこうした個別情報が表示されるという点で違っています。

 

 

 

スポンサーリンク

駅の時刻表機能も便利

「どれどれ」には、列車の位置だけでなく時刻表の機能があります。

画面に表示されている「駅」の部分(ダークグレー部分)をタップすると、その駅の旅客列車の時刻表を表示することができます。もちろん、表示されているどの駅でもOKですから、10駅先の駅を知りたいなら上下にスクロールして選択すれば表示できます。

※貨物列車や回送列車は表示されませんのでご注意ください。

旅鉄Books 特急マーク図鑑  ただいま好評発売中

よく使う地点は「お気に入り」登録を!

自分がよく使う駅は、すぐにチェックできるようにしておきたいものですよね。また、撮り鉄さんたちなら「撮影ポイント」を登録しておくと便利です。それでお気に入り登録機能を活用しましょう。とっても簡単です。

入力画面が登場!

右上の方に、(?)マークと☆マークが並んでいますよね。この☆マークがお気に入り登録ボタンですので、登録したい路線と駅を表示した状態で☆マークをタップしましょう。

そうすると「列車位置 お気に入り登録」の入力画面が現れます。この部分に駅名を入力するわけですが、正式名はもちろんのこと、適当な名前をつけて登録することもできます。つまりひらがなで登録してもいいし、略称を付けてもOKです。(ハウステンボス ⇒ ハウス など。)

登録ができると「追加しました」と表示されるので「OK」をタップします。

このお気に入り登録機能を使うと、ホーム画面の次の画面での選択項目が2段から3段に変わります。

3段目は「お気に入り駅」

どんどん使おう!JR九州アプリと「どれどれ」

こんな便利なアプリを無料で提供してくれているJR九州に心から賛辞をお送りしたいと思います。そして一人でも多くの方に使ってもらいたいですね。

このアプリにはほかにも楽しい特徴がいろいろとありますので、またご紹介したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【愛称別トレインマーク事典】のおもしろい活用法~手芸編~★10/…
  2. 交流区間乗り入れ用の蓄電池駆動電車の導入・・・その2
  3. 北海道新幹線の価値向上~北海道版・越乃shu*kura~その1
  4. 元・秋田新幹線こまち用E3系R編成の現状・・・現美と足湯と原形と…
  5. 寝台特急カシオペア復活報道!団体列車で北海道へ!
  6. 7年前の今日・・・寝台特急富士・はやぶさが最後の旅路を終えた日!…
  7. 廃止?延伸?宗谷本線の行方~シベリアに続く夢~
  8. 箱根駅伝と鉄道

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 寝台特急瀬戸号トレインマーク
  2. 特急スーパーおおぞら号のトレインマーク
PAGE TOP