ただいまサイトを分離再構築中です。このサイトはデータファイル館、新サイトがトレインマーク事典新館です。⇒ここからGO!

115

い~お

【長野(信越)地区】エコー電車◆データファイル

エコー電車の簡単な解説 ◆ 国鉄末期に全国の地方都市部で展開が進んだシティ電車化の一環として、長野地区でも1985年3月改正時から「エコー」シリーズが設定された。あずみのエコー、ミニエコーなどが知られているが、この「エコー」は115系を使...
さ行

【路線デザイン】するがシャトル◆データファイル

するがシャトル号の簡単な解説 1984年、短編成で運転頻度の高い列車として静岡地区(島田~興津)に登場した「するがシャトル」。 少し前に広島地区で登場していた「ひろしまCITY電車」の成功を受けて、同様の手法を取り入れて各地に広がっ...
ま行

快速みすず号◆データファイル

快速みすず号の簡単な解説 ◆ 飯田~松本・長野を結ぶ現役の快速列車。1986年から急行天竜の系統分離で運行開始した。急行天竜5往復のうち2往復が快速みすずに、3往復が急行かもしか号となった。 1988年までは共存していたがその後吸収...

【大糸線】あずみのエコー◆データファイル

あずみのエコー号の簡単な解説 ◆ 1980年代半ばの国鉄末期、短い編成で高い頻度の運転というパターンを推し進めていた国鉄にあって、長野県・大糸線の電化区間(松本~信濃大町・南小谷)でもそのパターンに当てはめた列車を試みた。 ...

急行かわぐち号◆データファイル

急行かわぐち号の簡単な解説 ◆ 新宿~河口湖(富士急行線)を結ぶ列車として、富士急ハイランドが開園したあとの1962年4月から1986年まで運転された列車。デビュー当初興味深かったのは上下列車で急行と準急の違いがあったこと。それは、新宿~...
タイトルとURLをコピーしました