た行

特急剣山号◆トレインマーク&データ!

特急剣山号HM

特急剣山号の簡単な解説

◆  阿波池田~徳島を結ぶ特急列車として運転されている特急剣山号。以前は、牟岐⇒阿波池田を結ぶ設定の列車があり、逆向き・同区間の列車が異なる愛称だという不思議な設定だった。つまり、阿波池田行きが特急剣山9号。牟岐行きが特急むろと1号となっていたのである。

出発点の駅で列車名を聞いただけで行先をイメージしやすいようにということなのだろうか。すべて徳島発着に統一され、2016年3月ダイヤ改正からはまたさらに穴吹発着が阿波池田発着に変更され、ずいぶんわかりやすくなった。

*** 画像提供:谷澤良二様・kogane-turbo様。
tsurugisan-k185oritsurugisank185
同じキハ185系の水色系塗装だが、塗り分け方によって少し違った印象になる。正面から見て白と水色の帯状になっているのがいわゆる「剣山色」で、サイドから前面に回り込んできた水色が貫通扉にかからずに斜めカットされているのが「標準色」。どちらも運用についている。

スポンサーリンク

◆特急剣山号のトレインマーク

特急剣山号HM徳島県を代表する山、剣山から命名。公募によって選ばれた愛称だ。四国東部の清流吉野川沿いを走る徳島本線の特急だが、以前設定されていた急行よしの川号を特急格上げするようにして勢力拡大した特急。徳島県内のみを走るローカル特急であるゆえか、今なお国鉄型特急車両キハ185系が任務についている。

一時は狸のペインティングを施した特急あい号が重複する区間に設定されていたが、その後剣山に統合されて消滅した。1999年にほぼ現在の形に近い設定となった。

◆特急剣山号のお役立ちサイトご紹介

●【トレインブックス・国鉄型車両図鑑】・・・形式写真を専門に撮っていらっしゃる方のサイトです。斜めからのアングルで、前面や台車周りを含めてみることができます。 ●JR四国のキハ185形0番代(剣山色) 「ゆうゆうアンパンマンカー」の キロハ186-2(その1)

●【まっつん駅・キハ185系資料館】・・・その名の通り、キハ185系にスポットを当てた写真集。地元の方ならではの情報、です。 ●キハ185系特急剣山

◆特急剣山号のデータファイル

【登場時:1996年3月16日】
・ ●運転区間:徳島~高知・阿波池田  運転本数:3往復  使用車両:キハ185系
【1998年3月14日改正】牟岐線・阿佐海岸鉄道甲浦まで乗り入れ。1往復増発⇒4往復。同時に、臨時特急あい号が徳島~阿波池田に3往復新設。また、急行よしの川号1往復をキハ185系化。
【1999年3月13日改正】急行よしの川号を特急格上げ、特急あい号をも統合⇒剣山が6往復に。
【2000年3月11日改正】高知乗り入れを終了、全列車阿波池田発着に。
【2005年3月1日改正】徳島~穴吹に1往復増発。
【2008年3月15日改正】全車禁煙化。阿佐海岸鉄道乗り入れを一時中止。
【2009年3月14日改正】阿波池田発海部行き1本を特急むろと号に変更。
【 同年12月1日改正】牟岐線・阿佐東線直通運転再開。
【2011年3月12日改正】甲浦発の1本を阿南始発に変更。
【2012年3月17日改正】阿南始発の1本を徳島始発に変更。
【2014年3月15日改正】牟岐線乗り入れ終了。すべて徳島駅発着となる。
・  同時に特急むろと号の徳島線乗り入れも終了して系統分割したことから1往復増⇒7往復。
【2016年3月26日改正】穴吹駅発着の列車を区間延長し、すべて阿波池田駅発着とする。

【2019年3月16日改正】高知方面からの乗り継ぎを考慮して時刻を変更。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急ときわ号・東京駅にて 特急ときわ号・急行ときわ号◆トレインマーク!
  2. 特急ホームタウン高崎◆トレインマーク!
  3. 特急タンゴエクスプローラー◆トレインマーク&データ!
  4. 上越新幹線たにがわ号◆トレインマーク&データ!
  5. トワイライトエクスプレス瑞風号◆トレインマーク!
  6. 特急ダイナスター号の愛称幕 特急ダイナスター◆トレインマーク&データファイル!
  7. 【ジョイフルトレイン】とれいゆつばさ号!
  8. 急行つやま号◆トレインマーク(なし)!

カテゴリー

Twitter でフォロー

特急東海号のトレインマーク
  1. 和式客車くつろぎ号テールマーク

ピックアップ記事

  1. 特急おき号トレインマーク
PAGE TOP