急行たかやま号◆トレインデータ

急行たかやまHM・合成画像

急行たかやま号の簡単な解説

◆ 大阪~飛騨古川を結んで1999年12月ダイヤ改正で廃止されるまで活躍した急行たかやま号。キロ28を含む定期列車としては最後の列車でもあったがミレニアムを目前にして姿を消した。

急行たかやまHM・合成画像ルーツは1966年10月に誕生した不定期急行のりくら号。2年後の1968年10月には最初の改称で急行くろゆり号となったが、1971年10月に2度目の改称が実施されてこの急行たかやま号となった。そして翌1972年3月には晴れて定期急行となり、関西~飛騨路の観光需要にこたえる列車として一時代を築いた。名古屋発着の特急ひだや名鉄線経由の特急北アルプスに対して大阪発着はこの急行たかやまのみであったが、特急ひだにキハ85系が投入され特急北アルプスに8500系気動車が投入されるといよいよ格差が大きくなった。

それでも1990年末頃から開始されたアコモデーション改善工事で座席をリクライニングシートに変更するなどで対処し、20世紀をほぼ全うして特急ひだに格上げされ、愛称消滅となった。

いまさらではあるが、大阪発着と名古屋発着では行き先がまるで異なり、岐阜からそれぞれの地へは全く逆方向であるのだから、別の愛称が良いように思うのは私だけだろうか。

※画像は合成画像。今後トレース予定。

スポンサーリンク

先代の急行たかやま号もあった!

上記の急行たかやま号が登場する前、1965年8月5日に準急たかやま号として愛称が登場し、名鉄8000系気動車を使用して神宮前駅と高山駅を結んでいた。翌年春には急行に格上げされ、同年冬には下り列車を飛騨古川まで区間延長するなど順調だったが、1970年7月に運転区間を立山まで大幅延長するのを機に、愛称を北アルプスに変更することになり、初代急行たかやまは一旦終わりを迎えた。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急ミッドナイトEXP高松号・モーニングEXP高松号◆トレインマ…
  2. 急行丹後号◆トレインフォト&データ!
  3. 新幹線つばめ号・特急つばめ号(九州)◆トレインマーク&データ!
  4. 特急ホームタウン高崎◆トレインマーク!
  5. 特急鳥海・寝台特急鳥海号◆トレインマーク!
  6. 【京王】ハイキング特急「陣馬」・「高尾」◆トレインマーク
  7. 上越新幹線・特急とき号◆トレインマーク!
  8. 北陸新幹線つるぎ号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 京阪特急の鳩マーク

ピックアップ記事

  1. 寝台特急瀬戸号トレインマーク
  2. 特急あすか号のヘッドマーク
PAGE TOP