さ行

急行外房・急行そと房号◆トレインマーク&データ!

急行外房号の簡単な解説

◆1982年11月15日改正まで新宿・両国~安房鴨川を結んでいた急行外房号。165系電車を使用して運転していたが、いち早く総特急化が進んだ房総急行のひとつで、特急わかしお号に吸収されて姿を消した。さて、時代をさかのぼると1972年7月15日まで運転していたもう一つの急行そと房も存在した。こちらの列車も、準急として設定された1962年時点・急行格上げとなった1966年3月5日時点でいずれも「外房」と表記されていたが当初の読み方は「がいぼう」で、急行格上げ直前の1965年10月から「そとぼう」と発音するようになったようだ。

スポンサーリンク

◆急行外房号のトレインマーク

急行外房号のトレインマーク・房総各線はこの独特の6角形状のトレインマークが使用され、その路線別に色分けされていた。このシンプルなデザインのほかに、サザエのような貝殻が端の方に添えられたデザインのトレインマークがあったようだ。

・同タイプのヘッドマークを装着していた急行としては、急行内房急行鹿島急行犬吠急行水郷などがあった。

急行外房号のデータファイル

【登場前:1962年10月1日】準急外房(がいぼう)号として新設。
・運転区間:新宿・両国~安房鴨川  使用車両:キハ 系
・運転本数:4往復(うち2往復は安房鴨川から先、内房号となる循環列車)
【1965年10月改正】準急くろしお号から編入⇒6往復に(循環列車4往復)。
・同時に、読み方を「そとぼう」に変更。
*********************************
【登場時:1966年3月5日】準急外房から急行格上げ
【1967年10月~1968年6月末】
・ 循環タイプの4往復に、変更したもう1往復を加えて急行そとうみ号として分離。
⇒ 1往復だけに縮小。
【1968年7月改正】循環タイプを6往復に増発して吸収。折り返しも3往復に増発⇒9往復に。
・ 列車名表記を「そと房」に。
【1972年7月改正】特急わかしお号の新設で大半が特急格上げ。
・ 同時に循環型列車が復活したが愛称を急行なぎさ、急行みさきに変更し、一旦消滅。
**********************************
【1975年3月10日復活】
運転区間:新宿・両国~安房鴨川  運転本数:3往復  使用車両:165系
【1982年11月15日改正】特急わかしお号に格上げ⇒急行外房号廃止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 四国まんなか千年ものがたり◆ロゴマーク!
  2. 夜行普通山陰号◆トレインマーク&データ!
  3. 特急すいごう号トレインマーク 特急すいごう号・急行水郷号◆トレインマーク!
  4. 快速シーハイル上越号◆トレインマーク!
  5. キハ58系用シーサイドライナーHM 快速シーサイドライナー◆ヘッドマーク&ロゴ!
  6. 急行シュプール信越号◆トレインマーク!
  7. 季節特急そよかぜ号◆トレインマーク!
  8. 特急いさぶろう・しんぺい号◆トレインマーク!~普通列車と愛称共存…

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. サンシャトルのヘッドマーク(後期型)

ピックアップ記事

  1. 新特急谷川ヘッドマーク
PAGE TOP