さ行

寝台急行新星号◆トレインマーク&データファイル!

20系寝台急行テールマーク

20系寝台急行テールマーク

寝台急行新星号の簡単な解説

◆上野~仙台を東北本線経由で結ぶ全車寝台の夜行列車として1982年11月15日ダイヤ改正時まで活躍した寝台急行新星号。

上野~盛岡を結んでいた寝台急行北星号の付属編成が仙台で折り返していたところ、仙台以北の需要が高いことから別の列車として仕立てる必要が生じ、言わば分家の様にして登場したのがこの寝台急行新星号である。1964年10月1日改正時のことである。

寝台急行新星号・特別措置わずか348.2kmという、夜行列車としては非常に短い距離ではあったが、A寝台車1両、B寝台車7両という立派な寝台急行として活躍した。下り列車で7時間弱、上り列車なら6時間40分ほどという運転時間では浅い眠りになってしまいそうだが、上り列車については仙台駅を23:20発なのに21:30から寝台を利用できるという夢のような取り決めがあり、それをフルに活用すれば8時間たっぷり寝られるお得な列車でもあった。

設定当初は旧型客車による編成であったが、1976年10月ダイヤ改正前の9月25日からは寝台特急ゆうづるから回されてきた20系客車の編成になり、すでに特急に格上げされていた寝台特急北星号と同じ車両で特急と急行が同じ路線を走る状態が2年ほど続いた。

終始高い人気を誇った急行新星だが、その理由としては一時期デッキ付きのEF57型電気機関車が先頭に立って20系客車を牽引する姿が見られたというような鉄道ファン的人気と、ビジネス利用者的視点としては「特急ひばりで行って急行新星で帰る」というパターンによる首都圏滞在時間の長さがあげられるようだ。

また、定期急行として20系フル寝台の列車だったのは急行銀河急行天の川と、この急行新星だけだったと思われる。どれほど定着したのか謎だが、子供向けの書籍では「ブルーエキスプレス」といった表現で述べていた中に含まれた数少ない列車でもある。

スポンサーリンク

寝台急行新星号のデータファイル

【登場時:1964年10月1日改正】
●運転区間:上野~仙台(東北本線経由) 運転本数:1往復 使用車両:旧型寝台客車
【1976年9月25日】20系客車の投入。
【1977年初頭】EF57牽引終了。
【1982年11月15日改正】東北新幹線本格開業により廃止。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【路線デザイン】するがシャトル◆ヘッドマーク&データファイル!
  2. 超快速スノーラビット号◆トレインマーク!
  3. 20系寝台急行テールマーク 急行さんべ号◆トレインマーク&データ
  4. サンシャトルのヘッドマーク(後期型) 【JR四国】サンシャトル◆ヘッドマーク
  5. 特急いさぶろう・しんぺい号◆トレインマーク!~普通列車と愛称共存…
  6. 快速仙台シティラビット号◆トレインマーク~2016年春装着取りや…
  7. 特急しなの号・ワイドビューしなの号◆トレインマーク!
  8. サロンエクスプレスアルカディア号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急東海号のトレインマーク
  2. 臨時快速白虎ヘッドマーク
  3. レトロ花めぐり号

ピックアップ記事

  1. 近鉄かぎろひヘッドマーク
  2. 特急しまんと号トレインマーク
  3. 特急文殊トレインマーク
PAGE TOP