急行さんべ号◆トレインマーク&データ

20系寝台急行テールマーク

急行さんべ号の簡単な解説

◆ 米子~九州を結ぶ急行列車として1968年10月から活躍し、1997年3月に鳥取~小倉(急行区間は米子~下関)の列車として使命を終えた、山陰本線西部の急行。愛称の由来となったのは島根県中央部にある三瓶山(さんべさん)。

実は、この三瓶という漢字表記の列車は1961年10月から存在した。しかしそちらは大阪~浜田・大社という区間設定で、急行出雲号から引き継いだスジで運転されたもの。そして、急行列車の愛称を整理・統合した1968年に急行だいせんに統合され、三瓶の愛称はひらがなに変更の上で山陰西部にコンバートされたという歴史がある。

この急行さんべ号も、急行なかうみ(米子~小倉)、急行やえがき(米子~熊本)、夜行急行しまね(米子~博多)という3つの列車を昼夜の区別なくまとめたものとしてスタートした。興味深いのは急行やえがきの流れをくむ1往復で、長門市~下関間で2つの列車に分かれてそれぞれ山陰本線経由 / 美祢線経由の2パターンになって再び合流する列車だったこと。離婚再婚列車などと揶揄されることもあったようだ。この列車は1985年3月に急行さんべが1往復になる直前まで見られた。

夜行の急行さんべに注目すると、北海道を除くとこの列車にしか使用されなかったオロハネ10形(2・3等合造寝台)がみられた。1978年には12系+20系寝台車という編成に変更されたが、1984年2月改正で廃止されて昼行のみとなった。

スポンサーリンク

急行さんべ号のトレインマーク

20系寝台急行テールマークここで紹介するのは20系寝台客車でのテールマーク。1980年前半までの活躍で姿を消したので、列車固有名を示すテールマークが用意されることはなかった。

「急行/EXPRESS」という文字のみが表示され、ほんの少し前までは特急専用車両でしかも走るホテルと言われていた車両の誇りなのか、まるで「急行の手伝いもしてやっているだけで、俺は特急用だ」という声が聞こえてきそうに思えたものだ。

急行さんべ号のデータファイル

★急行三瓶号として

【登場時:1961年10月1日】運転区間:大阪~浜田・大社 (福知山線経由) DF50牽引旧型客車

【1965年10月改正】キハ58系化。区間延長で大阪~石見益田・大社となる。

【1968年10月改正】急行だいせんに統合。漢字表記の三瓶号廃止。

★急行さんべ号として

【1968年10月改正】山陰本線西部の急行を統合。ひらがな表記のさんべ号としてリニューアル。3往復。

【1969年10月改正】一部美祢線経由となるさんべ2・1号の編成の一部が山口線経由小郡発着として運転。
珍車両オロハネ10形導入もこの改正。

【1975年3月改正】オロハネ10形の終了。

【1978年10月2日改正】夜行の急行さんべ号に12系+20系を投入。

【1980年10月1日改正】昼行の2往復が下関以西普通列車化。

【1984年2月1日改正】夜行急行さんべが廃止。⇒昼行2往復に。

【1985年3月改正】1往復減⇒米子~下関の1往復に。

【1997年3月改正】廃止。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. リゾートしらかみ号ロゴマーク 快速リゾートしらかみ号◆トレインマーク&データ!
  2. 寝台特急さくら号◆トレインマーク&データ!
  3. 【近鉄特急】さくらライナー◆トレインマーク!
  4. 特急しまんと号トレインマーク 特急しまんと号◆トレインマーク&データ!
  5. 【ジョイフルトレイン】サルーンエクスプレス(JR九州)◆ロゴマー…
  6. 快速シーハイル上越号◆トレインマーク!
  7. 特急白根号トレインマーク 特急白根号◆トレインマーク&データ!
  8. SLすずらん号◆トレインマーク!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急ダイナスター号の愛称幕

ピックアップ記事

PAGE TOP