急行砂丘◆トレインマーク&データ!

急行砂丘・円形HM

キハ58系急行砂丘・国鉄色

急行砂丘号の簡単な解説

急行砂丘・ラクダHM◆倉吉~岡山を因美線・津山・津山線経由で結んで運転されていた陰陽連絡列車、急行砂丘号。

***上の画像提供:kogane-turbo様

 

キハ65系急行砂丘1966年から急行となり、1997年の廃止まで比較的高い需要を誇った。長きにわたりグリーン車を連結し、末期には合造車キロハ28形という珍しい車両も登場し、キハ58系の活躍を見ることができる数少ない列車のひとつだった。智頭急行線の開通が利用者の多くを奪う結果となり、特急いなば・スーパーいなばに負けてしまった形だ。

急行砂丘号の廃止後は1往復だけ岡山~津山を結ぶ急行つやま号として部分的に存続させ、残りは快速に格下げして「快速ことぶき号」となった。

*キハ65形・画像提供:トレインブックス・伊藤正宏様

スポンサーリンク

◆急行砂丘号のトレインマーク

急行砂丘5角形HM逆三角形っぽい5角形の、独特の形をしたトレインマークは3代目デザインのもの。それを装着していたのは1994年3月からで、廃止を迎えた1997年まで使用されていた。

イラストにはラクダが描かれているが、それは鳥取砂丘をイメージしてのもの。ちなみに、観光客が実際に乗ることができるラクダが本当にいて、砂丘の散歩をすることができる。

急行砂丘・円形HM

 

初代・2代目は円形のヘッドマークが続き、初代は1985年3月~、2代目(ローマ字で「SAKYU」と併記したタイプ)は1992年7月~使用されたようだ。

いずれも、波打つ帯状の濃淡で砂丘を表現したデザインとなっていた。鳥取と言えばまず「砂丘」というイメージは定着しているので、よくマッチしていたと言える。

◆急行砂丘号のデータファイル

【登場前】
・ 1962年9月に宇野~鳥取の準急列車として運転開始。
【登場時:1966年】
・ 準急からの格上げで、愛称はそのまま継続。
【1967年】上井(現・倉吉)まで区間延長。
【1972年改正】3往復に増発。宇野~岡山は廃止。岡山~鳥取(132.1km)・上井(現・倉吉)で運転。
【1985年3月14日改正】4往復に増発。1往復は岡山~津山をノンストップで設定。ヘッドマーク登場(初代)
【1989年3月31日改正】5往復に増発。急行砂丘・円形ヘッドマーク
【1992年7月】2代目ヘッドマークに変更。
【 同年9月】専用カラーの車両へとリニューアル。
【1994年3月1日】3代目ヘッドマークに変更。タブレット閉塞廃止。
【1997年11月29日改正】智頭急行線開業により廃止。特急スーパーいなば等に役割を譲る。

◆急行砂丘号のお役立ちサイトご紹介

・ 【鉄道模型製作用参考写真集】・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。 ●キハ58急行つやま(旧 砂丘編成の写真)

・ 【急行砂丘記念館】・・・●急行砂丘の歴史

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 季節特急そよかぜ号◆トレインマーク!
  2. 新幹線さくら号◆トレインマーク&データ
  3. キハ58系用シーサイドライナーHM 快速シーサイドライナー◆ヘッドマーク&ロゴ!
  4. 急行シュプール信越号◆トレインマーク!
  5. 快速サンライナー号◆トレインマーク!
  6. 【路線デザイン】するがシャトル◆ヘッドマーク&データファイル!
  7. 四国まんなか千年ものがたり◆ロゴマーク!
  8. 嵯峨野トロッコ列車◆ヘッドマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. ムーンライト松山・高知

ピックアップ記事

  1. 或る列車のトレインマーク
PAGE TOP