な行

急行ノサップ・快速ノサップ号◆トレインマーク&データ!

快速ノサップ号・釧路駅

急行・快速ノサップ号の簡単な解説。

快速ノサップ号表示幕◆釧路~根室を、1966年から1989年まで急行として走り、その後は快速に格下げされながらも現役で走っている。根室本線の末端路線、通称:花咲線の速達列車として半世紀以上にわたってその愛称は使用され続けており、1往復の名称を快速はなさき号として分離した後も、列車名の持つ「東の最果て」のイメージが旅情をそそるからか、知名度は高い。ほぼ単行での運行だが乗車率は比較的高く、花咲線の存続に寄与している印象を受けた。特急スーパーおおぞら号との連絡が釧路駅でスムーズにいくよう、乗り換え客の便宜が図られている。

スポンサーリンク

◆快速ノサップ号のトレインマーク

快速ノサップ号のトレインマーク・トレインマークは急行時代には存在しなかったと思われる。快速に格下げされた後しばらくして採用されたようだ。イラストは根室半島のシルエットと納沙布岬を重ねて図案化したものだろうか。または根室海峡の向こうに見える北方領土が描かれているのかもしれない。現在は使用されておらず、ただ運転席窓上の表示幕に愛称が行先とともに記されるだけとなってしまった。

◆急行・快速ノサップ号のデータファイル

【登場前:1959年9月】準急
・ ●運転区間:釧路~根室  運転本数:1往復  使用車両:
【1961年10月】1往復増発⇒2往復に。同時に2両化。

【登場時:1966年3月】準急から急行に格上げ。
【1972年3月改正】下り3本、上り2本に。下り1本にはグリーン車連結。
【1981年10月改正】1往復廃止⇒下り2本、上り1本に。グリーン車連結終了。
【1984年2月1日改正】2往復に。
【1986年11月改正】1往復廃止⇒1往復に。使用車両はキハ53系。
キハ54系500番代・座席のモケット柄【1989年4月改正】快速列車に格下げされる一方、2往復に増発。
【1992年7月改正】1往復の名称を快速はなさき号と変更。
【2016年3月26日改正】上り列車を廃止。下り一本だけの設定となる。

関連記事

  1. 快速仙台シティラビット号◆トレインマーク~今春装着取りやめ!~
  2. SLやまぐち号◆トレインマーク&データ!
  3. 夜行普通山陰号◆トレインマーク&データ!
  4. 特急能登かがり火◆トレインマーク&データファイル!
  5. 快速南三陸号◆トレインマーク&データファイル!
  6. 新幹線なすの号・特急なすの号◆トレインマーク!
  7. 快速エアポート号◆トレインマーク!
  8. クルーズトレイン「ななつ星in九州」◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

ピックアップ記事

  1. 特急宇和海号トレインマーク
PAGE TOP