夜行普通からまつ号◆トレインマーク&データ!

夜行普通からまつ号の簡単な解説

夜行普通からまつ号・ED76◆小樽~釧路(428.7㎞)を結んで1974年7月から愛称を与えられ、1980年10月のダイヤ改正で廃止されるまで道内の貴重な移動手段となっていた。列車の存在そのものは非常に古くからで、寝台車が連結されるようになったことでさえ1958年までさかのぼる。運行経路は石勝線開通前のため、岩見沢・滝川・富良野を経由するルートで、下りは12時間01分、上りは11時間42分かかっていた。
・しかし、この長い所要時間によって到着後の利便性が高かったと言われている。比較対象として、同じルートの急行狩勝号は下りで札幌~釧路を8時間45分で結び、札幌発21:30で釧路には6:15に到着していた。一方、からまつ号の札幌~釧路は10時間57分かかり、札幌発22:20発で釧路には9:17着だった。観光客向けに使いやすかったと言われる所以だ。
・急行狩勝号に吸収される形で廃止となったからまつ号だが、急行狩勝号も1981年10月の石勝線開業により急行まりも号にバトンタッチして一部の昼行列車だけが残った。*** 画像提供:タケちゃん様

スポンサーリンク

◆夜行普通からまつ号の編成の例

【機関車】【スハフ44】【スハ45】【スハ45】【オハフ33】【スハネ16】【オハネ12】【スユニ61】【マニ60】
牽引機は小樽~滝川でED76-500、滝川~釧路はDD51。

◆夜行普通からまつ号のデータファイル

【1956年】前身となる普通列車411・412列車にスハネ30形3等寝台車を連結開始。
【登場時:1974年】普通列車423・424列車を、からまつ号と命名。
【1975年ごろ?  】寝台車を10系に変更。
【1980年10月1日改正】からまつ号廃止。⇒急行狩勝に吸収。

からまつ号

【番外編】企画列車・からまつ号のトレインマーク

・このマークはあくまでも番外編であり、夜行普通からまつ号のものではない。後に愛好家のグループが企画列車を運転した際に使用されたものと聞いている。詳細についてはよくわからない。

保存

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 九州横断特急号◆トレインマーク&データ!
  2. 【イベント】SLがんばろう岩手号◆ヘッドマーク
  3. 臨時特急ごてんば号◆トレインマーク!
  4. 特急かもめ号(山陽特急)◆トレインマーク&データファイル!
  5. 快速くびき野号◆トレインマーク!
  6. 寝台特急金星号◆トレインマーク&データ!
  7. 寝台特急カシオペア◆サブページ
  8. くる来る電車ポプラSAPPORO◆トレインマーク!

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 特急おおぞらキハ283系カーブ

ピックアップ記事

PAGE TOP