い~お

急行雲仙号◆トレインマーク&データ!

急行雲仙号の簡単な解説

◆ 初期には東京~長崎の急行として寝台特急さくらを補完する役割で、また1968年から1980年には関西と長崎を結んだ。1975年からは特急型の14系座席車が初めて急行列車に投入され、その第一号として話題を振りまいたが「全車指定席」の設定が大きなあだとなり、リーズナブルな旅行を楽しみたい人が軒並み離れていく事態を招いてしまった。またそれは、郵便車・荷物車・食堂車・ロネ・ハネ・ロ・ハ と揃い踏みの、いわゆる完全セットの編成が一気に味気なくなったような編成でもあり、ファンも魅力を感じなくなったという側面がある。

臨時急行雲仙号・長崎駅で

翌年には自由席を設置するも人気回復には至らず廃止となってしまった。なお、1980年の廃止の際は同区間を走る寝台特急あかつき号(当時2往復)に役割をゆだね、寝台特急オンリーの時代に突入した。

それから10年後、臨時特急あかつき81号・82号を設備の老朽化を理由に急行格下げして同区間の臨時急行雲仙として復活、1990年から1994年にかけて活躍した。

※写真提供:国鉄型車両ファイル (伊藤)様

スポンサーリンク

◆急行雲仙号のトレインマーク

急行雲仙号ヘッドマークここでご紹介しているヘッドマークは臨時急行として活躍した1990年代のもの。それ以前の定期運転時代にはトレインマークと呼べる類のものは存在しなかったと思われる。
「雲仙」というと、普賢岳が有名なように、長崎県を代表する山。それゆえに急行列車に愛称が採用されるその時に、いち早く採用された愛称だ。35・36レとして始まったこの列車は、運転区間の変遷が物語るように、新幹線の開業や急行列車の総特急化の波に早くから翻弄され、大きな変化を何度も繰り返してきた。

◆急行雲仙号データファイル

【登場時:1950年11月】35・36列車に愛称がつき、急行雲仙号となる。
・ ●運転区間:東京~長崎  運転本数:1往復  使用車両:
【1961年10月改正】急行雲仙号は急行西海号と併結運転となる。
【1968年10月1日改正】従来の急行雲仙号は廃止、京都~長崎の急行玄海を雲仙に改称。(愛称途切れず)
【1970年10月改正】季節急行ながさき号を新大阪~長崎に短縮し、急行雲仙号に統合。
【1975年3月10日改正】急行雲仙号は急行西海号と併結を開始。14系座席車全車指定のモノクラス編成。
【1976年3月改正】自由席設置。
【1980年10月1日改正】急行西海号と共に廃止
*******************************
【1990年12月】新大阪~長崎に20系臨時急行雲仙号を新設。(臨時特急あかつき81・82号の格下げ)。
【1994年12月】臨時急行雲仙、運転終了。

保存

保存

保存

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 寝台特急サンライズ出雲号◆トレインマーク
  2. 特急おおとり号◆トレインマーク&データファイル!
  3. 特急いなば(鳥取県内)◆トレインマーク!
  4. 快速エアポート号◆トレインマーク!~新千歳空港駅直通化&複線化へ…
  5. 急行いすず号◆データファイル!
  6. Easti-E【イーストアイ-E】◆トレインマーク!
  7. 特急おうめ号◆トレインマーク&データ
  8. 八戸線・うみねこ号HM うみねこ号(八戸線)◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 京阪特急の鳩マーク
  2. あきたクルーズ号マーク
  3. 特急ゆふいんの森号トレインマーク

ピックアップ記事

  1. びわこ周遊さくらHM
PAGE TOP