寝台特急サンライズ出雲号◆トレインマーク

サンライズ出雲号の簡単な解説

 

◆ 東京~出雲市を伯備線経由で結んでいる現役の夜行列車、寝台特急サンライズ出雲号。東京~岡山間はサンライズ瀬戸号との併結運転を行なっている。作業は意外と時間をかけずに行なうので、列車の乗客となりつつ連結作業などを見るのは容易ではない。

以前は東京~浜田・出雲市を(京都以西は山陰本線経由で)結んで2往復運転のブルートレインだったが、その1系統を伯備線経由に変更したうえで寝台特急サンライズ出雲となった。

285系サンライズ編成

◆寝台特急サンライズ出雲号のトレインマーク

寝台特急サンライズ出雲号トレインマーク

あらためて説明するまでもないが、285系電車寝台車両の両端には「SUNRISE EXPRESS」のロゴが描かれている。このマークは他にもボディーサイドの数か所においてみることができる。

車両を共有するサンライズ瀬戸号と共通のものとなっている。従来の寝台特急がもたらした「夜」のイメージよりも陽が昇る「朝」をイメージさせるねらいが現れている。もっとも、実際にはブルートレインの第一号も「あさかぜ」ではあったが。

スポンサーリンク

◆寝台特急サンライズ出雲号の画像集

ブルートレインとは全く異なる印象を与える285系寝台車両。外観の色遣いも温かな印象を与え、素敵な旅を演出してくれる。

同じく電車寝台車両だった583系と比較しても快適さが大きく改善されている。7両編成中2両だけがモーターを持つモハネであり、その他5両は動力音を気にすることなく眠ることができる。583系時代は一編成を構成する全車両の半数ないしは3分の2ほどがモハネであったことを考えるとその差は歴然。

◆寝台特急サンライズ出雲号の車内

ノビノビ座席
サンライズ出雲(瀬戸も)には寝台席だけでなくカーペット敷きのみのノビノビ座席がある。安価で横になって移動できることから高い人気を誇っている。

シングルDX・サンライズ

 

サンライズ車両のハイエンド・ルームはシングルデラックス(A寝台)。ベッドの幅も十分で寝心地よく、流れる車窓を見るのに視界が広くて快適だ。

また、ウッディーな内装の温かな雰囲気に包まれながらちょっとした書類整理をしたりする事務用途にも、くつろいで過ごすにも必要充分の部屋である。

なお、小さな子供との添い寝にも使えるだけの余裕を感じる。

 

◆寝台特急出雲号関係のお役立ちサイトご紹介

【鉄道模型製作用参考写真集】・・・編成単位ではなく、1車両ごとのサイドビューをとらえた写真集。大きな画像データなので細部に至るまで見て確かめることができる、非常におすすめのサイト。(現時点では該当写真なし)

【座席探訪】・・・列車内の様子を解説してくれているわかりやすい写真集。車両のタイプごとに詳細な解説と画像が含まれているサイト。おすすめです。
285系・サンライズ出雲

◆寝台特急サンライズ出雲号のデータファイル

【登場時:1998年7月10日】出雲2・3号を伯備線経由とし285系電車化して登場。
●運転区間:東京~出雲市  運転本数:1往復  使用車両:285系
※ 同時に出雲1・4号も出雲市発着に変更。
【2006年3月18日改正】参考:ブルートレイン出雲号廃止
【2009年9月30日改正】車内販売の営業を終了。

【2014年末~】臨時寝台特急サンライズ出雲91・92号が繁忙期に数日運転される(2019年始時点でも継続中)。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 急行いわて号◆トレインデータ!
  2. 183系貫通型のシュプール白馬HM 急行シュプール白馬号◆トレインマーク&データファイル
  3. 特急しおさい号◆トレインマーク!
  4. 特急おおとり号◆トレインマーク&データファイル!
  5. オランダ村特急◆トレインマーク&データファイル!
  6. 特急ソニック号・トレインマーク 特急ソニック号◆トレインマーク&データファイル!
  7. 季節特急そよかぜ号◆トレインマーク!
  8. 臨時特急しらはま号◆トレインマーク!

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 特急マーク図鑑・表紙
  2. 和式客車くつろぎ号テールマーク
  3. 特急ライラック号トレインマーク
  4. のりば案内・N700

ピックアップ記事

  1. 石北本線臨時快速
PAGE TOP