急行いよ号◆トレインマーク&データファイル!

急行いよ号の簡単な解説

急行いよ号キハ58◆高松~松山を結んで1989年まで運転されていた急行いよ号。1966年3月5日改正で急行列車化されてから23年間活躍したが、その愛称の歴史はさらに長く、1956年11月の準急としての誕生にまでさかのぼれる。1982年から1986年までの4年間が最盛期で下り7本、上り5本運転されていた。その後、特急しおかぜ号への格上げという形で削減が進行し、1990年に廃止された。

どちらかといえば日陰の存在で、急行うわじま号を補完する役割であったり、特急化で愛称があっけなく消えたりと恵まれない印象があるが、ピーク時の運転本数などを考えると立派に胸を張れる列車だったといえる。

途中、本数の増減があるが運転区間延長や打ち切りなどに伴う急行うわじま号との譲り合いが何度となく行われたのが一つの要因である。急行時代は一貫して気動車での運転で、キハ58系キハ65系などが使用された。

※ このページの画像提供:谷澤良二様

スポンサーリンク

急行いよ号のトレインマークと画像

◆いよ号トレインマーク

急行いよ号のヘッドマーク四国の気動車急行に広く見られたタイプ、円形を上下に割ったタイプのもので、予讃線のラインカラーであるブルーが下半分に塗られている。これは同じ予讃線の急行うわじま号とも共通である。

しかし、画数の多くないひらがなでしかもわずか2文字ということから、誰が見ても見間違えようがないという点で比類のない列車だったと思われる。

◆いよ号懐かしい画像

キハ58急行いよ号
1980年代まではディーゼル王国と呼ばれた四国において、国鉄急行色はいかにも四国らしい光景だった。その中でも長きにわたって活躍してきた急行いよ号のイメージは強い。

穏やかな瀬戸内海に沿って走る姿を今も懐かしく思い出す人は少なくないだろう。急行うわじま号と共に予讃本線(現・予讃線)の屋台骨を支えた列車であることは間違いない。

急行いよ号のデータファイル

【登場前:1956年11月19日】準急(不定期)として設定 運転区間:高松桟橋~宇和島 旧型客車で運転
【1957年3月20日】定期列車化。
【1963年2月改正】高松~松山の準急として整理。
【1965年10月改正】4往復に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【登場時:1966年3月5日】準急から急行に格上げ。
キハ65急行いよ号【1968年10月改正】1往復増⇒5往復に。
【1982年11月15日改正】下7・上5に。(急行うわじまの区間短縮による)
【1986年11月1日改正】大幅削減⇒1往復に。
【1988年4月10日改正】1往復増⇒2往復に。(特急車両不足による)
【1989年7月改正】廃止。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急伊那路号・ワイドビュー伊那路号◆トレインマーク&データ!
  2. 快速一村一山号◆トレインマーク&データファイル!
  3. 寝台特急サンライズ出雲号◆トレインマーク・列車内探検
  4. 特急おおとり号◆トレインマーク&データファイル!
  5. 快速石見ライナー号◆トレインマーク!
  6. 特急いさぶろう・しんぺい号◆トレインマーク!~普通列車と愛称共存…
  7. 快速エアポート号◆トレインマーク!~新千歳空港駅直通化&複線化へ…
  8. 急行いわて号◆トレインデータ!

カテゴリー

Twitter でフォロー

広島シティ電車ヘッドマーク

ピックアップ記事

  1. 特急月光号トレインマーク
  2. 阿佐海岸鉄道・お花見列車ヘッドマーク
PAGE TOP