【観光列車】SL人吉号◆トレインマーク(2009年~)!

SL人吉号の簡単な解説

SL人吉・サイドのプレート◆ 熊本~人吉を鹿児島本線・肥薩線経由で結ぶ観光列車、「SL人吉」号。2016年現在、現役の列車である。現在の列車は2009年に運転再開してからの形態で、冬季を除き週末や休みの時期を中心に多めの運転日数を設定している。ヘッドマークもそれ以来使用されているものである。初代SL人吉号の運転開始は1988年10月9日。SLあそBOY号の編成セットそのままに年間数日程度運転していたが、2005年にSLあそBOY号運転中に発生した不具合により回復不能と判断されて8月21日の運転を最後に「SL人吉号」も運転終了となった。些細な点だが、初代の愛称は「SL人吉号」で、二代目は「SL人吉」。

スポンサーリンク

● 沿線見どころおすすめサイト

歩王のれっつらご~】・・・蒸気機関車三昧な1日。

SL人吉 号のトレインマーク

SL人吉号のヘッドマーク・黒バックに金色の文字装飾という、SLらしさを前面に押し出したヘッドマークだ。力強さというか、重厚感というか、そういったものが感じられる。

・ヘッドマークにも「HISATSU LINE」という記入があるが、現在の肥薩線は余裕のあるダイヤ構成を見事に逆手にとって「観光路線」としての地位を築いている。このSL人吉号~いさぶろう・しんぺい特急はやとの風とつながる観光列車乗り継ぎの旅も可能な時刻設定となっており、レトロな列車旅を楽しみたい人にとって大いに旅を満喫できる仕組みを作り上げたJR九州の取り組みは見事だ。在りし日の急行えびの号を思い出しつつ観光列車の旅を楽しむ人もいるかもしれない。

・ちなみに、SL人吉号の運転区間と同一区間を走る特急くまがわ号、さらにそれを延長して別府に至る九州横断特急も走っており、先を急ぐ旅をする人や、週中の移動手段も整っていることを添えておきたい。八代~人吉間は清流球磨川を車窓から眺めることができるが、天候が良ければエメラルドグリーンに輝く水面が印象的。
【2016年4月14日災害】熊本地震の影響により、運休。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 特急ホームタウン高崎◆トレインマーク!
  2. 大船渡線ロゴマーク・ステッカー 快速スーパードラゴン◆トレインマーク&データ!
  3. 急行比叡◆トレインマーク&データファイル!
  4. 快速フェアーウェイ号◆トレインマーク!
  5. 快速びわこライナー号◆トレインマーク!
  6. 現美新幹線◆フォト&データ
  7. 快速いしかりライナー号◆トレインマーク!
  8. 快速みすゞ潮彩号◆トレインマーク!【2017/1/29で運転終了…

カテゴリー

Twitter でフォロー

  1. 1988年の釧路駅

ピックアップ記事

  1. のと里山里海号ヘッドマーク
PAGE TOP