1980年代改正

【ダイヤ改正資料】1986年11月1日《国鉄最後の改正》

新幹線 *****************

●東日本

●東海・西日本

*初めての最高速度アップ210km/h⇒220km/hへ。
・・・東京~新大阪(2h56m/-12m) 新大阪~博多(2h59m/-17m)
*ひかり合計運転本数・・・163本(+14)に。
・・・東京~新大阪の上下各最終が21:00発となる(従来は20:30)。
*こだま合計運転本数・・・147本(+31)に。

夜行列車 ****************

★前年のダイヤ改正で実施されたEF66牽引のメリットをさらに活かす「調整第2弾」。
*寝台特急さくら(長崎) -40分(前回-42分)合計-82分。
*寝台特急さくら(佐世保) -37分(前回-39分)合計-76分。
*寝台特急はやぶさ -52分(前回-32分)合計-84分。カルテットをロビーカーに変更。
*寝台特急みずほ(熊本) -54分(前回-23分)合計-77分。
*寝台特急みすほ(長崎) -48分(前回-26分)合計-74分。
*寝台特急富士 -46分(前回-50分)合計-96分短縮。カルテットをロビーカーに変更。
・・・EF81が大分まで通し運転となる。
*寝台特急あさかぜ1号 -33分(前回-28分)合計-61分。カルテットを連結。
・・・12/25からアコモ改良。同時に飾り帯をゴールドに変更
*寝台特急あさかぜ3号 -36分(前回-26分)合計-62分。
*寝台特急瀬戸 -29分(前回-22分)合計-51分。
*寝台特急出雲1号 -19分(前回-17分)合計-36分。翌年3/3から、グレードアップ車両連結。
*寝台特急出雲3号 -19分(前回-34分)合計-53分。
*寝台特急なは -27分(前回-18分)合計-45分。。
*寝台特急彗星 -13分(前回-66分)合計-79分。
*寝台特急あかつき1・4号・寝台特急明星を廃止。
*寝台特急あかつき3号 -20分(前回-16分)合計-36分。
*寝台特急はくつる 短編成化(9両に)
*寝台特急ゆうづる 短編成化(平常期9両に)。1往復季節列車化⇒定期2往復に。
*寝台特急あけぼの 短編成化(平常期9両に)
*寝台特急日本海 短編成化(平常期10両に)
*寝台急行銀河 B寝台を2段寝台化。

⇒⇒次のページは在来線昼行列車

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【ダイヤ改正資料】1993年(平成5年)12月1日《JR東日本》…
  2. 【ダイヤ改正資料】1989年(平成元年)7月22日
  3. 【ダイヤ改正資料】1988年(昭和63年)3月13日・4月10日…
  4. 【ダイヤ改正資料】1998年(平成10年)10月3日
  5. 【ダイヤ改正資料】1989年(平成元年)3月10日・5月1日
  6. 【ダイヤ改正資料】1992年(平成4年)3月14日(九州は20日…

「愛称別トレインマーク事典」で紹介するトレインマークがこの1冊に!  (※すべてではありません)

カテゴリー

Twitter でのつぶやき

  1. 名鉄のマーク

ピックアップ記事

  1. 急行能登路号トレインマーク
PAGE TOP